転職サイトを利用する

  • 更新日:
近頃では転職活動はインターネットの転職サイトを
利用して行うことが多くなってきています。

求人情報誌を購入する必要もありませんし、
ハローワークに出向く必要もなく、いつでも自分の都合の良い時に
最新の求人情報を入手することが出来ます。

その他にも転職サイトのメリットはいくつかあります。
無料で利用出来る、一般には公開されていない優良情報の非公開情報を入手出来る、
たくさんの企業の中から勤務地や職種など自分の希望する条件やキーワードで検索して
絞り込むことが出来るなどがあります。

kaigisitu.jpg

続きを読む

転職エージェントのオススメ

  • 更新日:
転職をするなら、転職エージェントは欠かせません。

転職エージェントとは、企業の求人を集め、転職者に提供するというサービスです。
利用はほとんどの場合無料で、また専門のキャリアアドバイザーが
親身になって相談にのってくれるので、
転職エージェントを利用すればよりスムーズに転職ができます。

転職エージェントはいくつもあるのですが、その内でオススメを紹介します。


○マイナビエージェント
マイナビエージェントの8割以上が非公開求人です。
非公開求人は公開求人よりも条件が良いことが多く、
非公開求人が多ければ多いほど、自分もよりよい条件の転職先を見つけることができますね。

○DODA
求人数の多さが業界でもトップクラスです。
なんと2万件近くある求人の内、8~9割が非公開だと言われています。
どこに登録していいか悩んでいる人は、まず登録してみるとよいでしょう。

○typeの人材紹介
年収をアップしたいならここがオススメ。
なんと利用者7割以上が年収アップに成功しています。
得意としている職種も多いので、多くの人が利用しやすいです。

コンサルタントに任せきりは駄目

  • 更新日:
転職エージェントは、
転職希望者、キャリア・スキルアップを考えている方を支援する転職サービスですね。

登録すれば専任のキャリアコンサルタントが付き、
マンツーマンで転職活動をサポートしてくれます。
キャリアを掘り下げ、方向性を決め、様々な業界の情報を提供してもらえるなど、
実にきめ細かなサービスを受けられます。
(サービス内容は登録先によって違います)

しかし、向こうに任せきりでのんびりしていてはいけません。
転職者自身のやる気もしっかり見せないと、
それに見合った対応しか受けられないと思った方がいいでしょう。

とくにキャリアコンサルタントと面談をする時には、気を抜いてはいけません。
企業との面接ほど緊張する必要はありませんが、
ここで評価を得られなければ企業への紹介に繋がらないことだってあるのです。

キャリアコンサルタントにも、自分は有能な人物だとアピールできれば、
その分企業へ推してくれるでしょうし、間違いなくその後の転職活動に大きく影響すると思います。

就職は機会均等でよろしくお願いします

  • 更新日:
ハローワークや転職エージェントでは
求職者へ様々な情報支援を行っています。

履歴書の書き方や面接の受け答え方法など多数の情報を教えてくれますが、
雇用側の選考基準まではわかりませんよね。
就職希望者にとっては雇用主側の選考基準がどのような条件であるか
とても気になるところです。

採用選考は公正に行われなければなりませんが、公正な選考の条件は何でしょうか?

厚生労働省によると...
採用選考の基本的な考え方は「応募者の基本的人権を尊重すること」
「応募者の適正・能力のみを基準として行うこと」が大切だということです。

条件に合った人すべてが応募できるようにして、
応募者の適正や能力以外の事柄で採用・不採用を決定しないようにしなければなりません。

その事柄とは、その人の本籍・出生地についてや生活環境・家庭環境に関すること、
宗教や支持政党・社会活動といった思想に関することなどがあげられます。
面接で応募者の家族構成や家族の職業を聞いたり、
尊敬する人物や愛読書、人生観などについて尋ねることは
避けねばならないことになっています。

企業側は客観的で公平な評価をしなければなりません。 

今後の雇用社会

  • 更新日:
経済の低迷が長期化し、
アルバイトやパート・派遣社員など非正規雇用者が増えているそうです。

その一方で正社員の負担は増え労働時間は高いものとなっています。

また共働きである世帯数も増え雇用者世帯の約半数になるといいます。
しかし仕事と子育ての両立は支援制度が不十分で相変わらず難しいと感じる人が多く、
退職せず出産後に仕事に復帰する女性は約3割程度に留まるようです。

子どもが生まれると養育費などの負担が増えますが
安定した仕事に就くことが難しいという現実もあります。

仕事と育児を両立できるよう制度の改革などが必要とされています。
それぞれがライフスタイルに合わせて働けるより良い社会を目指すべきでしょう。

また雇用促進のための雇用対策も重要です。
求職者と企業を結ぶ制度には人材紹介会社などの職業紹介事業制度があります。
人材紹介会社では転職のプロが転職を支援してくれるようです。

転職エージェントへの取材を紹介しているサイトなどもありますので
転職の参考になるかもしれません。

どんな転職サイトを利用するか

  • 更新日:
いざ転職をしようと考えて、インターネットでその手のサービスを調べてみると、
色んな転職サイトが出てくると思います。

自分で求人情報を探してエントリーするサイトから、
複数の転職サイトに一括登録できるサイト、
転職に成功すると支援金がもらえるサイトなど実に様々で、
これだけあるとどこを使えばいいか選ぶだけで時間を取られてしまいそうです。

そこからオススメするなら転職エージェントを挙げたいと思います。

転職エージェントの特徴は、キャリアアドバイザーとマンツーマンで面談を行い、
転職者の希望や適性に沿った企業を紹介してくれます。

さらに、面接や履歴書作成の指導、面接日時のセッティングなども行ってくれます。

基本的には、転職者一人一人に親身なサポートを行なってくれるはずです。

はず、というのはキャリアアドバイザーの中にも対応・能力差があるためです。
そんな時には、上手く合わないから担当者を変えて欲しいと希望を出せば、
大抵は変更してもらえると思います。

転職に必須の情報とは

  • 更新日:
転職をする時には、次回の職場において、今よりも良い環境で、
より自分自身の力を発揮したい、認められたい、給料を上げたい、等は考えると思います。

しかしせっかく転職活動をして、転職した先が思っていたような転職先でがなかった、、
転職に失敗してしまった、という方もいらっしゃると思います。

ですから、ご自身にとって成功といえる転職をするためにも、
より多くの企業との出合いは必要なんですね。

その1つが「非公開求人」の利用です。
非公開求人って何?という人のために、非公開求人の基礎からお伝えしますと、
通常、我々が目にしている求人情報などの他に、転職エージェントだけが知っている、
転職情報というものがあります。

この転職情報が一般的に目にすることの後悔されていない求人情報であり、
これらのものが非公開求人の情報といわれています。

実はこの非公開求人、
全求人情報の80~90%以上を占めているともいわれてます。

そう考えると、非公開求人を知らなければ、
かなりの求人情報を知らずに転職活動を行っていることになります。

転職活動を成功させるためには、
非公開求人を利用することは必須ともいえるでしょう。

 

転職サイトの仕組み

  • 更新日:
転職を考えた時に使うツールとして転職サイトの活用が一般的だと思います。

転職サイトは自分の条件にあった条件を入力すると瞬時に自分に合った企業を閲覧出来ます。
尚かつ、最近では一括で応募も出来る優れものです。

転職サイトの活用には無料の会員登録と共に簡単な履歴と職務経歴を登録する必要がありますが、それだけで私達の就活を手助けしてくれる心強い味方であることに間違いありません。

もはや一般化している為、敢えてそういう考えはなかったのですが...この転職サイトにもデメリットはあるのでしょうか。

メリットだらけでデメリットはほぼないに等しいですが、あえて上げるならこういった転職サイトを通さず直接企業に応募する人が居た場合、若干不利になることも有り得る点です。
と言うのも転職サイトの運営は成功報酬型となり企業などから紹介料を受け取るシステムです。

求人側としては、転職サイトを経由して人材を採用した場合には、余分な経費が発生することになります。 

転職サイトの活用

  • 更新日:

転職を考えた時にお世話になるいわゆる「転職サイト」。
星の数ほどありますが...果たして使用するにあたり転職サイトのメリットはあるのでしょうか。

転職サイトは自分では見つけることの出来ない求人の情報がそのサイトの会員になることで知ることが出来ます。

これらの情報は会員のみ提示されてる情報としている為にただ単に検索をかけているだけでは見つけることが出来ない情報でもあったりします。

これらのサイトには求人のチラシや雑誌で自分に合った求人を探すよりも遥かに多くの求人情報を網羅しています。

より多くの選択肢から自分に合った企業を見つけることが出来るのです。
そういう意味でも転職サイトなどを使うメリットは大いにあります。

ただ、よく聞かれる企業からのアプローチなどはなかなかないのが現状です。
待ちの就活よりも攻めの就活が大切です。

また転職サイトに寄って独自のサービスがあります。
それらを上手く活用して新たな道を開いて下さい。

転職支援金って何?

  • 更新日:
転職エージェントサイトを見ていると、
転職支援金という言葉を目にしたことがあると思います。

転職支援金とは、もしその転職エージェントを介して就職が決まった場合に、
転職を決まった方に対してお金をくれる、といったサービスです。

このサービスは看護師専門の転職エージェント等でよく見かけます。

転職が決まった嬉しさに併せて、お祝い金みたいな形でお金をもらえる、
これは転職をされた方からすれば二重に嬉しいことだと思います。

この転職支援金ですが、転職エージェントから支払われます。

これはどういうことかというと、
求人を募集している先から転職が決まったことにより、
求人先より転職エージェントが受け取った報酬の一部を転職支援金として渡しています。
ですから、負担は転職エージェントはないんですね。
とはいえ、求人募集した側へのコスト負担か転職エージェント側の負担は定かではありませんが、
通常の雇用よりかはコストがかかる、ということです。

その分、求人の倍率が上がる、転職エージェントの質が下がる、
等色々なデメリットも耳にしますが、転職が決まった方にとってはメリットが多いでしょう。

 

このページの上部へ